AED

救命の連鎖

人命救助をする場合、最も大事なのは『あなたの勇気』なのです。
でも、勇気だけでは人命を救助することは困難なケースもあります。
一人では不可能でも、協力者がいたら、それは可能になるかもしれませんね。

 

『救命の連鎖』という処置が救助率を上げる良い方法だということを知っていらっしゃいますか?
『救命の連鎖』とは、4つの方法を連続させてスムーズに救助をする方法を言います。

 

最初の鎖は、「早い通報」です。
意識のない人を発見した場合は、真っ先に119番へ通報しましょう。
落ち着いて的確に状況を報告します。
次の鎖は、「早い応急手当」です。
AED・心臓マッサージ・人工呼吸など応急手当を行うことをいいます。
この場合、救助者は体力的に大変ですが、心臓マッサージ・人工呼吸は休まず継続することが人命を救助出来るカギになります。
また次の鎖は、「早い救急処置」です。
これは救急隊によるAEDなどの高度な救命処置を指します。
最後の鎖は、「早い医療処置」です
なるべく早く病院に搬送し、その病院で医師による専門的な処置をしてもらうことを言います。

 

この大切な命の鎖をつなぐには、私達は何が必要でしょうか?
全てを問題なく完璧に実行することは、素人には、難しいかもしれません。
しかし、このうちの少なくとも一つでもできれば、次の人に鎖をつなぐことができるかもしれませんよね。

 

AEDなどの救助法の講習会を受講していなくても、一人一人の勇気で鎖をつなぐことは可能でしょう。
そして、『救命の連鎖』を大勢の人に広める努力をしてみましょう。
そうすれば多くの方の命がこの鎖によって、繋がれることでしょう。